2005年11月23日

広島小1女児殺害事件



小1女児が空き地で死亡 広島市安芸区
【17:13】 広島県警によると、22日午後3時ごろ、広島市安芸区の空き地で段ボールに入った小学1年の女児が見つかった。女児は死亡。県警は殺人事件の可能性もあるとして捜査を始めた。

殺人で捜査本部設置へ 広島の女児死亡事件
【18:07】 広島市で段ボールに入れられた女児が死亡した事件で、広島県警は現場の状況から殺人事件とみて、捜査本部を設置する方針を固めた。



空き地の箱に小1女児 広島、殺人の可能性も

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西の空き地で、段ボール箱に入った女児を通行人が発見、110番した。女児は病院に運ばれたが午後4時ごろ、死亡が確認された。広島県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めた。
調べでは、女児は近くの小学校に通う小学1年とみられ、県警は身元の確認を急ぐとともに、詳しい状況を調べている。
現場はJR矢野駅の南西約500メートルの住宅が立ち並ぶ地域。
(共同通信) - 11月22日17時50分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051122-00000159-kyodo-soci



広島県広島市安芸区矢野西4丁目



広島市 路上の段ボール箱に入った小1女児死亡 殺人の可能性も

広島市の路上で22日午後、段ボール箱に入った小学1年の女児が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。警察は、殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めた。

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4丁目の路上で、ダンボール箱が捨てられているのを近所の人が発見した。中を確認したところ、小学生の女児がSの字の状態で入っていたという。消防によると、発見当時、女児には体温が確認されたが、意識不明の状態だった。その後女児は広島・坂町の病院に運ばれ、22日午後4時過ぎ、死亡が確認された。

この女児は、公務員・木下建一さん(38)の長女で、広島市立矢野西小学校1年・木下あいりさん(7)。広島市教育委員会によると、矢野西小学校は22日午後0時30分ごろ一斉下校し、あいりさんも下校したという。

また、段ボール箱を発見した近所の人の話によると、22日正午過ぎに通りかかった際には段ボール箱はなく、午後3時ごろになって段ボール箱が置かれていたという。

警察は、殺人事件の可能性もあるとみて捜査本部を立ち上げ、捜査を始めた。

[22日18時7分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20051122/20051122-00000045-nnn-soci.html




段ボール箱に小1女児遺体−広島県

広島市安芸区矢野西4丁目の空き地(写真)で、女児が段ボール箱の中に入れられ倒れているのを通行人が見つけ、110番した。女児は矢野西小学校1年木下あいりちゃんで、午後4時すぎに死亡が確認された(22日)(時事通信社)22時33分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051122-04112146-jijp-soci.view-001



小1女児、下校中に殺害か 広島市安芸区 '05/11/22

▽段ボール箱に入れて放置

二十二日午後三時ごろ、広島市安芸区矢野西四丁目の空き地で、段ボール箱に入れられた女児を通行人が発見、一一〇番した。女児は病院に運ばれたが午後四時ごろ、死亡が確認された。

発見時、段ボール箱のふたは閉まっていたといい、広島県警捜査一課は下校途中に殺害、遺棄された可能性が強いとみて同日夜、殺人と死体遺棄の疑いで海田署に捜査本部を設置。二十三日に遺体を司法解剖し、死因の特定を急ぐ。

調べでは、女児は安芸区矢野西、陸上自衛隊員木下建一さんの長女で市立矢野西小学校一年あいりちゃん。洋服を着て、ひざが折れ曲がった状態で段ボール箱に入れられ、目立った外傷はなかった。洋服の胸には名札が付いていたが、持っていたとみられるランドセルは見つかっていない。

同校によると、二十二日は来春の新入生の就学前健診が予定されていたため、全児童は午後零時半ごろ下校。あいりちゃんが小学校を出るのも教諭が確認しており、一人で下校したとみられる。捜査本部は下校後の足取りを調べるとともに、現場周辺住民が不審な人物を目撃していないか、聞き込み捜査を進めている。

あいりちゃんの自宅はJR呉線を挟んで矢野西小の西約一・三キロにあり、現場の空き地はほぼ中間地点にある。

あいりちゃんは両親と弟の四人暮らし。帰宅が遅いため、家族が捜していたという。

現場はJR矢野駅の南西約五百メートルの住宅が立ち並ぶ地域。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200511220132.html



段ボール箱に女児遺体、殺人で捜査

22日午後、広島市の空き地に放置された段ボール箱の中で、7歳の女の子が死んでいるのが見つかりました。警察は殺人・死体遺棄事件として捜査しています。

亡くなったのは陸上自衛隊・海田市駐屯地に勤務する木下建一さん(38)の長女で、広島市立矢野西小学校1年の木下あいりちゃん(7)です。

22日午後3時頃、あいりちゃんが段ボール箱の中に入れられているのを通りがかった人が発見し、病院に運ばれましたが間もなく死亡が確認されました。

あいりちゃんが通う小学校では、22日午後から来年入学する子供たちの健康診断が行われたため、在校生は午後0時半過ぎに一斉下校していました。

「(段ボール箱は)小さかった。近くで見たわけではないので、はっきりしたことは分かりません」(警察に通報した男性)

「元気に登校してきた子供を元気に家に帰すことができず、大変申し訳なく思っております」(広島市立矢野西小学校 竹中幸子 校長)

あいりちゃんが最後に目撃されたのは、他の児童と一緒に一斉下校した午後0時半過ぎ、学校を1人で出ていく姿を見かけた児童がいました。

学校から自宅までは直線距離で1.2キロメートル。しかし、あいりちゃんは自宅に帰ることはありませんでした。

午後3時23分、心配した母親が「子供が帰って来ない」と学校に連絡を入れていますが、その20分前には通学路からわき道にそれた空き地で、あいりちゃんは段ボール箱に入れられた状態で見つかっていました。

あいりちゃんは名札のついたままの制服姿でしたが、ランドセルは見つかっていません。段ボール箱は大人が抱えることができる大きさで、ふたはガムテープでとめられていました。

現場は古くからの民家の多い静かな住宅地です。あいりちゃんの家族は、今年8月にこの町に引っ越してきたばかりでした。

警察では下校途中に別の場所で殺され、段ボール箱に入れられて発見現場まで運ばれてきた可能性があるとみています。

警察では23日、あいりちゃんの遺体を司法解剖して、詳しい死因を調べることにしています。(22日 23:00)

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3166243.html



小1女児殺害、空き地の段ボール箱に 広島
2005年11月23日00時25分

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4丁目の民家前の空き地に、不審な段ボール箱があるのを近所の人が見つけ、中を開けると手足などを折り曲げた状態でぐったりした女児が入っていたため、110番通報した。女児は、同区矢野西2丁目、陸上自衛隊員木下建一さん(38)の長女あいりさん(7)=市立矢野西小学校1年=で、近くの病院に運ばれたが、午後4時すぎに死亡が確認された。首には絞められたような跡があった。県警は、下校途中に殺害された後に箱に入れられたとみて、殺人と死体遺棄の疑いで海田署に捜査本部を設置して捜査を始めた。

県警などによると、住民が発見した際、段ボール箱は粘着テープで何重にもまかれ、ふたもテープで閉じられていた。

捜査員らが駆けつけた時にはすでにあいりさんは意識がなかったという。名札を付けた学校の制服姿で、目立った外傷はなく、服装にも乱れはなかった。持っていたランドセルは、現場から北東に約400メートル離れた自動販売機の裏付近で見つかった。

段ボール箱は高さ約20センチ、奥行き約50センチ、幅約60センチで、家庭ガスコンロ用とみられる。

第一発見者の住民が午後1時ごろ、外出先から戻ってきて段ボール箱に気づき、いったん家に戻った。しかし、同3時ごろ散歩で再び外へ出ると、まだ段ボール箱があったため、家族が箱の中を確認したという。

発見現場は、学校が決めた通学路から脇に入った路地で、矢野西小からは西へ約500メートルの場所。そこから約700メートル北西にあいりさんの自宅がある。段ボール箱は幅約3メートルの路地に面した空き地に置かれていた。

県警は、23日に広島大で遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

矢野西小では22日、来年1年生になる入学予定者の就学時健康診断があり、全校児童724人は午前中で授業を終え、午後0時半ごろ一斉に下校。あいりさんは1人で下校したという。

帰宅が遅いのを心配した母親が「子どもが帰ってこない」と学校に問い合わせたり、近所を捜したりしていた。

あいりさんは両親、弟の4人家族。今年夏に千葉県船橋市から引っ越して2学期から同校に通学していた。陸上自衛隊第13旅団によると、父親の建一さんは同自衛隊海田市駐屯地に所属する隊員。

現場はJR呉線矢野駅の南西約500メートルの住宅地。現場周辺は細い路地が入り組んでおり、昼でも人通りが少ない。

http://www.asahi.com/national/update/1122/TKY200511220426.html



<小1女児殺人>段ボール箱内に放置、下校途中事件に 広島

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4の空き地に、女児が入った段ボール箱があるのを通行人が発見し、110番した。女児は同区矢野西2の自衛官、木下建一さん(38)の長女あいりちゃん(7)=同市立矢野西小1年=で、心肺停止状態だった。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。広島県警捜査1課と海田署は遺体や現場の状況などから殺人、死体遺棄事件と断定、同署に捜査本部を設置し捜査を始めた。
調べでは、あいりちゃんは学校の制服姿で、目立った外傷はなかった。現場に通学用の帽子や靴があり、あいりちゃんのものとみられるランドセルも同日夜、現場から北東に約300メートル離れた茂みで見つかった。捜査本部は23日に司法解剖して詳しい死因を調べる。
同小はこの日、来年度の新入生の健康診断があり、午後0時半ごろに全児童が一斉下校した。あいりちゃんは普段は友達と下校していたというが、この日は段ボール箱があった空き地から数百メートルのところで男子同級生に声をかけられ、そこから1人で通学路とは別の道を歩いていくのを近くの人が目撃している。
あいりちゃんの自宅は同小から約1キロ西にあり、現場は同小と自宅のほぼ中間点で、通学路から約20メートル入り込んだ場所。捜査本部は帰宅途中にあいりちゃんが何者かに連れ去られ、段ボールのあった空き地とは別の場所で殺害された可能性が高いとみている。
段ボール箱は幅約1メートル、高さ約20センチ、奥行き約50センチ。ガスコンロの空き箱とみられ、近くの人が「ガスの空き箱があって危ない」とガス会社に連絡。同社の社員が現場に来て、この箱を確認したという。発見時、ガムテープで封がしてあり、空き地の隅に無造作に置かれていたという。この日午後1時ごろ、空き地にあるのを近くの人が見ていた。空き地は、JR呉線矢野駅の南西約300メートルの住宅街にあり、乗用車約3台をとめられる広さがある。
あいりちゃんは、両親と弟の4人暮らし。今年8月に同小に転校してきた。木下さんは、陸上自衛隊海田市駐屯地の1尉。【下原知広、吉川雄策、遠藤孝康】
(毎日新聞) - 11月23日1時36分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051122-00000061-mai-soci



広島市 段ボール箱に入った女児死亡 首に絞められたような跡


広島市の路上で22日午後、段ボール箱に入った小学生の女児が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。女児の首には絞められたような跡があり、口が粘着テープでふさがれていた。

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4丁目の路上で、段ボール箱に女児が入っているのが見つかった。この女児は、広島市立矢野西小学校1年・木下あいりさん(7)で、午後4時過ぎに搬送先の病院で死亡が確認された。

木下さんの着衣に乱れはなかったが、首を絞められたような跡があり、口が粘着テープでふさがれていたという。また、段ボール箱はロープで縛られていた。

現場は、学校と木下さんの自宅の中間地点。木下さんは22日午後0時30分ごろ一斉下校し、段ボール箱は2時間後に見つかっている。警察は捜査本部を立ち上げ、捜査を始めた。

[23日1時39分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20051122/20051122-00000049-nnn-soci.html



小1女児殺害される 広島、1人で下校中か


小1女児の遺体の発見された現場から段ボール箱を運び出す捜査員。
箱の上にはビニール袋に入った小さな靴が載っていた
=22日午後5時、広島市安芸区


22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西の空き地で、段ボール箱に入れられた女児を通行人が発見、110番した。女児は病院に運ばれたが午後4時ごろ、死亡が確認された。
段ボール箱は、ふたを閉めて粘着テープで封をしてあったといい、広島県警捜査1課は下校途中に殺害、遺棄された可能性が強いとみて、殺人と死体遺棄の疑いで海田署に捜査本部を設置した。遺体の状況から死因は窒息死とみられ、捜査本部は23日に遺体を司法解剖し、詳しく調べる。段ボール箱の中に犯行声明などはなかった。
調べでは、女児は安芸区矢野西、陸上自衛隊1尉木下建一さん(38)の長女で市立矢野西小学校1年あいりちゃん(7つ)。制服姿で段ボール箱に入れられ、ひざが折れ曲がった状態だったが、目立った外傷はなかった。箱はガス器具の箱で、ミカン箱より少し大きかった。
(共同通信) - 11月23日1時52分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000009-kyodo-soci








小1女児殺害される 広島、1人で下校中か

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西の空き地で、段ボール箱に入れられた女児を通行人が発見、110番した。女児は病院に運ばれたが午後4時ごろ、死亡が確認された。
段ボール箱は、ふたを閉めて粘着テープで封をしてあったといい、広島県警捜査1課は下校途中に殺害、遺棄された可能性が強いとみて、殺人と死体遺棄の疑いで海田署に捜査本部を設置。23日に遺体を司法解剖し、死因の特定を急ぐ。

調べでは、女児は安芸区矢野西、陸上自衛隊1尉木下建一さん(38)の長女で市立矢野西小学校1年あいりちゃん(7つ)。制服姿で段ボール箱に入れられ、ひざが折れ曲がった状態だったが、目立った外傷はなかった。箱はガス器具の箱で、ミカン箱より少し大きかった。

段ボール箱があったのは、路地奥の空き地の草むら。発見した女性(55)によると、午後1時ごろからあったという。あいりちゃんのものとみられるランドセルが同日夜、発見現場から数百メートル離れた茂みで見つかった。

(了)

2005年11月23日00時43分

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1503716/detail



段ボール箱に小1女児遺体=殺人、死体遺棄事件で捜査−広島県警

22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西4丁目の空き地で、女児が段ボール箱の中に入れられているのを通行人が見つけ、110番した。女児は心肺停止状態で病院に運ばれ、同4時すぎ死亡が確認された。目立った外傷はなかったが、箱のふたは粘着テープで固定されており、広島県警捜査1課は、下校途中に事件に巻き込まれたとみて、殺人、死体遺棄事件として海田署に捜査本部を設置した。
調べによると、女児は同区矢野西2丁目、陸上自衛隊員木下建一さん(38)の長女で市立矢野西小学校1年のあいりちゃん(7つ)。
あいりちゃんは、空き地に無造作に放置された箱の中で、体を折り曲げるような格好で見つかった。名札を付けた学校の制服を身に着けており、服装に乱れはなかった。同日夜、近くの通学路の店舗付近であいりちゃんのものとみられるランドセルが見つかった。
捜査本部は23日に遺体を司法解剖し、死因を詳しく調べる。
(時事通信) - 11月23日2時0分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000000-jij-soci



小1女児、下校中殺される…段ボール箱に入れられ遺棄


段ボール箱に入れられた女児の遺体が発見された現場(広島市安芸区で)
=読売ヘリから


22日午後3時ごろ、広島市安芸区矢野西の住宅街の空き地で、女の子が段ボール箱の中でぐったりしているのを通行人が見つけ、110番通報した。

女の子は市内の病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

死亡したのは広島県警捜査1課の調べで、近くの陸上自衛隊員木下建一さん(38)の長女で、同市立矢野西小1年、あいりちゃん(7)とわかった。

あいりちゃんの体に粘着テープが巻かれていたことなどから、県警は、下校途中に殺害され、段ボール箱に入れられて現場に遺棄された可能性が高いとみて、殺人と死体遺棄容疑で海田署に捜査本部を設置した。

県警は周辺で不審者が目撃されていないか、聞き込みに全力をあげるとともに、23日に司法解剖して詳しい死因を調べる。

調べによると、あいりちゃんの遺体には外傷や首を絞められた跡はなく、捜査本部は窒息死した疑いがあるとみている。あいりちゃんは、前かがみに折り曲げられて、段ボール箱に入れられていた。

制服のブラウス姿で靴をはいていた。近くでランドセルが見つかった。体には粘着テープが巻かれていた。段ボール箱には、ガス器具メーカーの文字が書かれ、粘着テープでふたが閉じられていた。

発見現場は、小学校の西約600メートルで自宅とのほぼ中間にあたるが、通学路からはずれているという。車が1台通れるほどの細い路地を抜けたところにある約50平方メートルの空き地で、平屋のプレハブ小屋が立っている。

段ボール箱は空き地の高さ約20センチの石垣の上に置かれていた。近くの住民によるとこの日午前中は見当たらなかったという。

同小では22日午後に来年度入学する新1年生の健康診断があるため、全校児童が午後0時30分ごろに一斉下校したが、あいりちゃんは1人で自宅に向かったらしい。市教委によると、午後3時20分ごろ、県警から同小に連絡があり、その直後、あいりちゃんの母親から同小に「子どもが帰らない」と電話があったという。

あいりちゃんは、両親と弟の4人家族。今年夏、父親の転勤で千葉県から引っ越し、2学期から通学していた。
(読売新聞) - 11月23日2時13分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051122-00000011-yom-soci



段ボール箱に女児遺体 下校中の小1、外から粘着テープ 広島

 二十二日午後三時ごろ、広島市安芸区矢野西四丁目の空き地で、近くに住む自衛官、木下建一さん(38)の長女、あいりちゃん(7つ)=市立矢野西小一年=が意識のない状態で、段ボール箱の中に入っているのを住民が見つけ一一〇番通報した。あいりちゃんは病院に運ばれたが午後四時ごろ、死亡が確認された。あいりちゃんは下校途中だったとみられるが、現場が通学路からそれていることや、箱のふたが外から粘着テープで閉じられていたことなどから、県警捜査一課は殺人・死体遺棄事件と断定。海田署に捜査本部を設置した。遺体状況から、死因は窒息死とみられる。
 調べによると、あいりちゃんは名札が付いた制服姿で手足を折り曲げるようにして段ボール箱の中に入っていた。目だった外傷などはなかった。背負っていたランドセルは現場近くで発見された。
 段ボール箱は、通学路から外れた道路沿いの空き地の石段の上に置かれていたといい、近所の住民が偶然、段ボール箱の中身をみて、ぐったりした状態のあいりちゃんを見つけた。
 目撃者などによると、段ボール箱はガス器具の箱で、ミカン箱より少し大きかった。午後一時半ごろにはなかったという。
 また、午後二時ごろに現場近くのJR呉線踏切を、幹線道路に向かい、強引に渡る灰色のワゴン車が目撃されており、関連を調べている。
 同小ではこの日、新入生の健康診断のため、給食のあと、午後零時半に全児童が一斉に下校。集団での登下校は行われておらず、あいりちゃんは下校途中に、ほかの児童らから離れるなどして一人で家に向かっていたとみられる。
 あいりちゃんの自宅はJR呉線を挟んで学校から西約一・三キロにあり、現場の空き地はほぼ中間あたり。帰宅が遅いことを心配した母親らが通学路などを捜していたという。
 あいりちゃんは両親と弟の四人家族。現場は広島市東部のJR矢野駅南西約五百メートルの閑静な住宅街の一角。
     ◇
≪通学路に死角 言葉失う住民≫
 下校途中に何があったのか−。広島市安芸区矢野西四丁目の空き地で見つかった段ボール箱には変わり果てた女児の遺体があった。「こんなところでどうして…」と付近の住民は一様に言葉を失った。
 死亡していたあいりちゃんは、段ボール箱が見つかった現場から約六百メートル北西の安芸宿舎(公務員住宅)に住んでいた。父の建一さんは同県海田町にある陸上自衛隊第十三旅団後方支援隊所属の一等陸尉。
 建一さんが東京都内に勤務していた関係で、今年八月、千葉県から広島市に引っ越してきたばかりだった。
 木下さん一家が住むのは、鉄筋コンクリート建ての建物が九棟並ぶ団地で、県道を挟んで工場が林立する地区。
 段ボール箱が見つかった現場付近では県道を隔てた官舎に引っ越してきた木下さん一家を知る人は少なく、死角を突かれた形となった。
 あいりちゃんの遺体が見つかった空き地は車一台がやっと通れるような細い道。プレハブの物置があり、そばにあいりちゃんが入っていた段ボール箱があったという。
 小学一年の娘(7つ)と保育園の息子(4つ)を連れていた近所の主婦(33)は「今までは同じような事件が起きても、人ごとと思っていたのに」と不安そうだった。
 あいりちゃんが通う矢野西小学校は正門が閉め切られ、関係者以外の立ち入りが禁止された。
 同小では、PTAや児童に配る「学校だより」で広島市安芸区に隣接する南区や海田町などで車で児童に声をかける不審者情報があるとして、注意を呼びかけている矢先だった。
 竹中幸子校長は二十二日夜に会見し「元気に家に戻すことができず、申し訳ない」と言葉を詰まらせながら話した。
     ◇
 ≪過度取材自粛 父親らが要望≫
 事件発生を受け、被害者の父、木下建一さんは親族とともに二十二日、報道各社に対し、「私たち家族、親戚(しんせき)や、ご近所の方々、学校、幼稚園等へのインタビューや撮影をご遠慮お願いしたい」などと、過度の取材を自粛するよう求める書面を出した。
 木下さんは、「敷地内への立ち入りをお控えいただければと切に思います」などと要望している。
     ◇
≪最近の主な小学生殺害事件(年齢は当時)≫
 平成9年3−5月
  神戸市で小学4年の女児(10)が殺害、小学6年男児(11)が殺害され遺体の一部が中学校正門前で見つかる。6月、中学3年の少年を逮捕(連続児童殺傷事件)
 11年12月
  京都市の小学校校庭で遊んでいた同小2年の男児(7)に若い男が包丁で切りつけ死亡させ、犯行声明を残した。京都府警は翌年2月、無職男を割り出したが、任意同行中に逃亡、飛び降り自殺した
 13年6月
  大阪府池田市の大阪教育大付属池田小に宅間守元死刑囚が包丁を持って侵入し、小2女児7人と小1男児1人の計8人を殺害、現行犯逮捕された
 16年6月
  長崎県佐世保市の小学校で6年女児(12)が同級生の女児にカッターナイフで切られ死亡、女児は補導
 16年9月
  栃木県小山市の4歳と3歳の兄弟が不明になり、無職の下山明宏被告を逮捕。同市内の川で遺体を発見
 16年11月
  奈良市の小1女児(7)が下校途中に行方不明となり、翌日遺体で発見。携帯電話のメールで犯行声明が送られた。元新聞販売店員、小林薫被告を逮捕
 
(産経新聞) - 11月23日2時53分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000019-san-soci



通学路、狙われた命 女児殺害 '05/11/23

▽周辺で不審者情報

小学一年の女児が段ボール箱に入った無残な状態で見つかり、まもなく死亡が確認された。広島市安芸区で二十二日に起きた殺人事件。矢野西小一年木下あいりちゃん(7)は一人で下校する途中、命を奪われた。地域で不審者情報が出たこともあり、学校が防犯対策に腐心する中での凶悪な事件。竹中幸子校長は「元気に帰すことができず申し訳ない…」と言葉を詰まらせた。

広島県警の調べでは、学校とあいりちゃんの自宅とは、約一キロ離れていて、あいりちゃんが箱に入った状態で見つかった空き地は通学路近くのほぼ中間点。下校途中に殺害されたとみられる。

学校や同級生によると、あいりちゃんは転校してきて三カ月足らずにもかかわらず学校にも慣れてきた様子で、授業でも積極的に発表。同級生とも仲良く、「困ったことがあれば、自分で担任に言える子だった」と竹中校長。普段は近所の同級生と登下校していたが、この日は同級生が早退したこともあり、一人で帰宅していたという。

不審者情報が出たことがあり、学校は保護者や児童に「知らない人に声をかけられてもついていかないように」と指導してきた。児童の大半が防犯ベルを携帯。十月には保護者約五十人が「学校安全ガードボランティア」を発足させ、通学路や校内の巡回などを強化したばかりだった。

「住民の入れ替わりが激しく、不審者の情報も聞いていた。集団下校をしていればよかった」と、あいりちゃんと同級の女児の母親(41)は悔しさをにじませた。ある学校関係者は「マンパワーにも限界があり、児童の通学路すべてを巡回するのは難しい現実もある」と苦渋の表情を見せた。

学校での記者会見で涙を浮かべた竹中校長は時折、言葉を詰まらせ「家族の心中を思うと言葉もなく、大変申し訳ない。地域の人の協力も頼み、再発防止に全力で取り組みたい」と言葉を振り絞った。

▽「子ども外に出せない」 地域に衝撃と恐怖

広島市安芸区矢野西二丁目の矢野西小一年木下あいりちゃん(7)が自宅に近い同区矢野西四丁目の空き地で見つかった殺人事件は、地域に大きな衝撃と恐怖を広げた。あいりちゃんの自宅周辺にはクリスマスの電飾も目立ち始めたが、幼い子どもの突然の死は地域全体を深い悲しみに突き落とした。

あいりちゃんは元気で明るい性格。二学期初めに転入してきたばかりだったが、友達は多かった。この日も午後零時半ごろ、同級生の男子(6)に「さようなら」と大声であいさつし、家族の待つ家に向かったという。

現場近くでボール遊び中に悲報を知ったというその男子は「パトカーの音がしてびっくりした。学校で大きい声であいさつしたのに」と絶句した。男子の母親(34)も「同級生の母親からのメールで知った。明日から子どもを外に出せない」と青ざめた。

いつもは一緒に通う同級生女子(7)は「今日も仲良くシーソーをしたのに…」と沈痛な表情。母親(41)も「ピアノや少林寺拳法を習う活発な娘さんだった」と話したまま、唇をかんだ。

事件を知り、二年生の娘(8)を自転車で迎えに駆けつけたという主婦(31)は「本当に驚いた。子どもはショックを受けているようだ」。現場近くに住む無職灘照子さん(78)は「登下校の児童もあまり見かけない静かな場所なのに」。畑仕事をしていた無職男性(80)は「こんなことは初めて。やりきれない」と言葉少なだった。

あいりちゃんと家族が暮らす自衛隊官舎にはクリスマスを祝う飾り付けが光り、あいりちゃんはその日を待ちわびていたという。自宅ドアにもピンクと赤のリボンをあしらった飾りが掛かっていた。

近くの主婦は「一カ月ほど前に娘と遊んでくれた。優しい、明るい子だった。信じられない」と話した。父親の建一さん(38)の同僚の自衛官(54)も「仲間の子どもさんと聞いてショック。自分にも子どもがいるので悲しみはよく分かる」と目を伏せた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200511230017.html



小1女児、下校中に殺害 広島 '05/11/23

▽段ボール箱に放置

二十二日午後三時ごろ、広島市安芸区矢野西四丁目の空き地で、同区矢野西二丁目、自衛官木下建一さん(38)の長女で矢野西小学校一年のあいりちゃん(7)が段ボール箱に押し込められているのを通行人が発見、一一〇番した。あいりちゃんは病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。広島県警は殺人・死体遺棄事件とみて、海田署に八十人態勢の捜査本部を設置し、捜査を始めた。


木下あいりちゃんが入れられた段ボール箱が見つかった現場付近を調べる広島県警の捜査員
(22日午後4時55分、広島市安芸区矢野西4丁目)


調べでは、あいりちゃんは制服姿で、目立った外傷はなかった。箱にしゃがみ込むような姿勢で押し込められており、ふたをしてテープで封がしてあった。

県警は二十三日午前九時から現場検証するとともに、司法解剖して詳しい死因を調べる。

矢野西小はこの日、来春の新入生の健康診断のため、午前中で授業を終え、あいりちゃんも午後零時半ごろ、一人で下校する姿を教員や同級生が目撃していた。下校途中に現場近くで被害にあったとみられる。

学校からあいりちゃんの自宅は約一キロ離れている。ほぼ中間点にある空き地にはプレハブの物置があり、そのそばにあいりちゃんが押し込められた箱が置いてあった。中には物は入っていなかった。


あいりちゃんは、両親と弟の四人暮らし。この八月、父親の転勤に伴って千葉県から転居してきて、二学期の初めから同校に通っていた。この日は午後、帰宅しないので家族が捜していた。

現場近くでは、十月初めに不審者の目撃情報があり、矢野西小などが保護者に注意するよう呼び掛けていた。

同小は午後七時半すぎから竹中幸子校長が緊急の記者会見をした。二十三日午前十時からは同校で事件について保護者説明会を開く。

現場はJR矢野駅南西約五百メートルの、国道31号と県道の交差点に近い市街地。新興住宅や工場が立て込んでいるが、メーン道路から入り込んだ狭いわき道で、人通りは少ない。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200511230018.html








窒息で死亡か=事件に車使用の可能性−広島県警

広島市安芸区の市立矢野西小学校1年木下あいりちゃん(7つ)が何者かに殺害され、段ボール箱に入れられて見つかった殺人、死体遺棄事件で、遺体に目立った外傷がないことなどから、広島県警海田署捜査本部は、あいりちゃんは窒息死した可能性があるとみて、23日午前から遺体を司法解剖して詳しい死因の特定を急ぐ。
また、ランドセルが見つかった場所と箱が放置されていた場所が異なることなどから、事件には車が使われたものとみて、不審車両の目撃情報などの収集を進めている。 
(時事通信) - 11月23日7時1分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000007-jij-soci



死因は窒息死と断定 海田署捜査本部
【15:24】 広島市安芸区の小1女児殺人事件で、海田署捜査本部は23日、司法解剖の結果、死因を頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と断定した。



広島の小1女児殺害、死因は窒息死

広島市安芸区の市立矢野西小1年木下あいりちゃん(7)が下校途中に殺害され、段ボールに入れられて見つかった事件で、死因はけい部圧迫による窒息死だったことが23日、県警捜査本部の司法解剖でわかった。

あいりちゃんは発見された時、片方の靴下をはいていなかったことも判明。犯人が脱がせた可能性もあるとして、約200人態勢で通学路周辺の捜索や聞き込みなどをしている。

調べでは、あいりちゃんは22日午後3時ごろ、学校と自宅のほぼ中間にある空き地で、S字の形に折り曲げられて段ボール箱に入れられ、殺害されていた。

一方、同小はこの日午前10時ごろから約2時間、保護者説明会を開き、事件の概要や登下校時の安全対策、今後の対応などを説明した。参加した約490人の父母らからは、不審者情報の迅速な提供や各家庭の連絡網などの改善などの要望が出たという。
(読売新聞) - 11月23日15時42分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000003-yom-soci



広島市の段ボール女児殺人遺体遺棄 死因はけい部圧迫による窒息


広島市安芸区で22日に下校途中の小学校1年の女児が殺害された事件で、女児の死因はけい部圧迫による窒息死と断定された。

殺害された木下あいりさんが通っていた小学校では、23日午前10時から保護者集会を開き、事件の経緯などを説明した。

警察は、200人を動員して捜査にあたっている。22日夜に学校から約200メートル離れた場所で木下さんのランドセルが見つかったが、23日朝も、ほかに遺留品がないか現場周辺を入念に調べた。さらに警察は、木下さんのイメージ画を公開し、目撃情報の提供を呼びかけている。

また、23日午前、司法解剖が行われ、木下さんの死因はけい部圧迫による窒息死と断定された。死亡推定時刻は22日午後1〜2時とみられる。

警察は、木下さんの下校後の足取りを調べるとともに、不審者が目撃されていないか、捜査を進めている。

[23日16時22分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20051123/20051123-00000031-nnn-soci.html






posted by ヒート at 18:03 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。