2006年12月22日

飛行物体墜落?深まる謎



山中に軽飛行機墜落の情報 大津、琵琶湖西側で

20日午後5時ごろ、大津市大物の住民が「琵琶湖西側の比良山系で煙が見える。飛行機でも落ちたのではないか」と110番した。大津北署などによると、目撃したのはこの住民の家族で「琵琶湖から京都方面に、軽飛行機が飛んでいた。急に高度を下げ、山に隠れてから煙が見えた」と話しているという。

同署や地元消防などは軽飛行機が墜落した可能性もあるとみて、確認を急いでいる。

滋賀県警がヘリコプターで上空から捜索しているが機体などは見つかっていない。県警や大津市は対策本部を設置、情報を収集している。

(共同)
(2006年12月20日 20時32分)

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006122001000616.html



「山に飛行機落ちた」と通報 捜索したが見つからず
2006年12月20日

20日午後5時ごろ、大津市大物の比良山系で、近くの男性が「近くの山で煙が見える。飛行機でも落ちたのではないか」と110番通報した。滋賀県警は対策本部を設置。消防と約90人態勢で付近を捜索したが、夜までに飛行機が見つからず捜索を打ち切った。21日朝から捜索を再開する。

対策本部によると、男性の妻が小型の飛行機のようなものが急降下し、山陰に消えたのを目撃したという。県警と航空自衛隊のヘリが上空から捜索したが見つからず、大阪航空事務所や民間の飛行機クラブに全国のフライトなども確認したが、該当する航空機はなかったという。

男性は朝日新聞の取材に対し「妻がブーメランの形をした小さい飛行機のようなものが火を噴いて落ちるのを見た。自分も山を見たら煙が上がっていた」などと話した。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200612200079.html



滋賀・大津市 山中に小型飛行機墜落の情報<12/20 18:55>

滋賀・大津市で20日午後5時ごろ、小型飛行機が墜落したという情報があり、確認を急いでいる。
警察によると、20日午後5時ごろ、大津市大物の住民から「山のほうに煙が見えた。飛行機が墜落したのではないか」との通報があり、現場近くには100人態勢で対策本部を設置した。現在、機動隊員らが山中に入って、墜落地点の確認を急いでいる。まだ現場や機体の確認には至っていないという。

伊丹空港事務所では、該当する機体はないという。通報のあった現場は、大津市中心部から北西に約10キロ離れた山の中。

http://news24.jp/73679.html



飛行物体墜落?深まる謎 滋賀県警、捜索打ち切り
2006年12月21日21時44分

滋賀県大津市の比良山系で20日夕、「飛行機が落ちたのでは」という通報を受けた滋賀県警は21日も山中を調べたが、何も見つからず、捜索の打ち切りを決めた。通報のあった時間帯に、京都市内で飛行物が撮影されていたことや、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルと国際宇宙ステーション(ISS)を目視できたことが判明したが、いずれも関連はわからず、謎は深まるばかりだ。


赤い尾を引きながら飛んでいくのが目撃された物体
=20日午後5時ごろ、京都市左京区で、久能木利武さん提供


通報は大津市内の女性がブーメランの形をした飛行機のようなものが急降下するのを目撃したというもの。

21日になって、通報の前後の時間帯に、京都市左京区の久能木利武さん(72)が飛行物を撮影していたことが判明。久能木さんは「赤い火の玉と2本の短い飛行機雲状のものが見えた。かなりの速度で、建物の陰に入って見えなくなった」と話した。また宇宙航空研究開発機構(東京)によると、20日夕にシャトルと宇宙ステーションが近畿上空を飛んでいたという。

久能木さんが撮った写真を見た倉敷科学センター(岡山県)の石井元巳・天文技師は「飛行機と飛行機雲に夕日が反射している可能性が高い。シャトルや人工衛星なら、離れたところにあるので、点のように見えるはず」と説明する。

しかし、該当する飛行機はなく、県警幹部は「通報者の証言は具体的なのに……」と首をかしげている。

http://www.asahi.com/national/update/1221/OSK200612210085.html



滋賀県大津市における軽飛行機遭難情報に伴う航空機捜索に関する災害派遣について(最終報)
平成18年12月20日

1.一般状況
 滋賀県大津市志賀町付近の山中に軽飛行機が墜落したとの情報があり、滋賀県知事から災害派遣要請を受けた航空自衛隊が軽飛行機の捜索を実施していたが、発見に至らず撤収要請がなされた。

2.自衛隊の対応状況
【20日】
1820  滋賀県知事から空自中部航空方面隊司令官(入間)に対して墜落飛行機の捜索に関する災害派遣要請。
1913  空自U−125(小松)が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を開始。
1917  空自UH−60J(小松)が現場に向け離陸。じ後、捜索活動を開始。
2139  撤収要請。

(明日は、県警のみで捜索するとのこと)

http://www.jda.go.jp/j/news/2006/12/20.html


posted by ヒート at 13:54 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。