2005年03月05日

3月3日のメモ

・化学物質の流出が原因! 英国に生息する魚類に「メス化現象」が認められる
・ニッポン放送株:米投資会社が2月中に全株売却(毎日新聞)
・仏ルノー会長、日産ディ株売却を示唆(日経)
・世銀総裁、後任は「男女、五分五分」(日経)
・米マイクロソフトのゲイツ会長、名誉騎士に(CNN)
・“勝ち組”丸井「3代目」が社長に…33年ぶり交代(ZAKZAK)
-------------------------------------------

3/2 化学物質の流出が原因! 英国に生息する魚類に「メス化現象」が認められる

英国沿岸や河口に生息する魚類のオスに、女性ホルモンや汚染物質によるとみられる「メス化現象」が確認されたことで、自然界のバランスが崩れつつある現実が伝えられた。

英国食料環境省の報告によると、ヒラメやカレイなどの魚にみられるメス化現象はタイン川やティーズ川、メージー川、クライド川、フォース川などの河口でも発見され、こういった魚の血中からは通常メスにのみみられる、卵を作るための成分が検出されたという。

魚のメス化現象はさらに、真水に生息するマスや、沿海のタラにも影響していると考えられており、環境局では英国の河川に生息するオスの魚の3分の1がメス化している可能性があると推測。メス化現象の最も深刻な問題点は、オスの個体数が著しく減少することで繁殖数が減り、やがては種の絶滅にもつながることであるとされる。このようなメス化現象の原因としては、現在広く使用されている避妊ピルに含まれる女性ホルモンが自然界に流出した結果とされているほか、ヨーロッパチヂミボラ(貝の一種)のメスのオス化現象も報告されており、これはかつてボートの塗料などに使用されていた化学成分が水中に溶け出したためとみられている。

ただし、タラに関しては調査の対象となった個体がほんの一部に過ぎないこともあり、汚染物質によるメス化の証拠としては十分ではないとの見方もされており、魚類のメス化現象の詳細についてはさらなる研究と調査が実施されているという。

しかし、環境保護団体では、すでに汚染物質が自然界の生態系に影響を及ぼしている事実を強調し、これらの調査研究の結果を待つうちに手遅れとなる可能性が高いとの懸念を表明している。

*本ホームページ中の記事を無断で複写複製(コピー、ペースト)することを厳禁します。

http://www.japanjournals.com/index.html



ニッポン放送株:
米投資会社が2月中に全株売却

 ニッポン放送株348万3220株(発行済み株式総数の10.62%)を1月21日時点で保有していた米投資会社サウスイースタン・アセット・マネージメント社が、2月中に全株を売却していたことが2日、関東財務局に提出された大量保有報告書で分かった。

 報告書では売却日や売却先などは記載されておらず、提出代理人の東京青山・青木法律事務所(東京都千代田区)も明らかにしていない。ただ、ライブドアが2月8日に東証の時間外取引で6回に分けて同株を大量取得した際、初回の取引で同数の売買が成立しているため、「売り主はサウスイースタンではないか」(市場筋)との見方が強まっている。市場では、外資系ファンドなどがライブドアに売却した、との観測が当初から出ていた。

 上場企業などの株式を5%以上保有している大量保有者は保有比率が1%以上変動した場合、原則として5営業日以内の届け出を義務付けられている。しかし、投資会社などは一定の条件を満たせば届け出期限の延長が認められ、今回のケースは今月15日が届け出期限だった。【若島正浩】

毎日新聞 2005年3月2日 20時45分

http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20050303k0000m020080000c.html



仏ルノー会長、日産ディ株売却を示唆

 仏ルノーのルイ・シュバイツァー会長兼最高経営責任者(CEO)は2日、日本経済新聞社の取材に応じ、カルロス・ゴーン日産自動車社長が両社のCEOを兼務する4月末以降の体制について「日産には良い経営チームがおり、成長段階が続く」と信頼感を表明した。一方でルノーが資本参加している日産ディーゼル工業との関係については「あらゆる可能性があり得る」と述べ株式売却の可能性を否定しなかった。

 シュバイツァー会長はルノーと日産の提携について「すべてが目標通りに進んでおりゴーン氏がルノーのCEOになっても従来通り続ける」と指摘。「部品やプラットフォーム(車台)の共通化などは無理に加速すればかえって経済的にマイナスになる」と語った。

 ゴーン氏はルノーのCEO就任後は全体の40%しか日本にいない予定だが、「彼の力なら離れていても十分にリーダーシップを果たせる」と強調。「日産の最高執行責任者(COO)に就任する志賀俊之氏は提携を結んだ際の中心人物で尊敬している」として、日産の新しい経営体制に信頼を表明した。 (07:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050303AT1D0209B02032005.html



世銀総裁、後任は「男女、五分五分」

 「男性か女性か(の可能性)はフィフティー・フィフティーだ」――。世界銀行のウォルフェンソン総裁は2日夜(日本時間3日未明)、パリで開催した「援助効果向上閣僚級フォーラム」後の記者会見で自らの後任人事についてこうコメントした。

 同総裁の後継候補としてウルフォウイッツ米国防副長官や米ヒューレット・パッカードのフィオリーナ前会長兼最高経営責任者(CEO)らの名前が挙がっていることを念頭に置いた発言だ。

 同総裁は「欧州人か米国人かと問われれば、欧州人の可能性は50%より少ない」とも述べて笑いを誘った。世銀総裁ポストは米国の「指定席」として知られている。(パリ=奥村茂三郎) (11:43)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050303AT2M0300V03032005.html



米マイクロソフトのゲイツ会長、名誉騎士に
2005.03.03
Web posted at: 10:39 JST
- CNN/REUTERS/AP

ロンドン──英国のエリザベス女王は2日、ロンドンのバッキンガム宮殿で、コンピューター・ソフトウエア最大手マイクロソフトの創立者ビル・ゲイツ会長(49)に、「名誉騎士」の称号を授けた。世界的な支援活動と、英国内におけるハイテク産業への貢献が評価された。

ゲイツ氏への叙勲は昨年1月に決まっていたが、授章式の日程調整が難航し、授与は今年になった。

ゲイツ氏は大英帝国勲章2位のナイト爵位を受けたが、ナイトを表す「サー」の称号を名前の前につけられるのは英国と英連邦の国民に限られているため、米国人のゲイツ氏は「サー・ビル」を名乗ることはできない。ただし、「ビル・ゲイツ」の名前の後にナイト爵であることを表す「KBE」を付けることはできる。

叙勲後、勲章を手にしたゲイツ氏は、「マイクロソフトが英国と築いてきた深い関係があるだけに、このような名誉を与えられて非常に光栄だ」「英国は、米国外で初めて子会社を作った国。ここでの経験が、世界的な成長に大いに役立った」と語った。

マイクロソフトは1997年、英ケンブリッジ市内に研究所を設立。現在は科学者80人が研究にあたっている。2000年には、ゲイツ夫妻が主宰するビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団がケンブリッジ大学に対し2億1000万ドルを寄付し、英国外からの留学生のための奨学金を設立している。

米国からはこれまでに、ジュリアーニ前ニューヨーク市長やグリーンスパン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、などが名誉KBEに叙勲されている。また故レーガン元大統領やブッシュ元大統領は、バース勲章1位のナイト爵位を受けている。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200503030001.html



“勝ち組”丸井「3代目」が社長に…33年ぶり交代



 丸井が、33年ぶりの社長交代で大幅に若返る。丸井は3日までに、青井浩副社長(44)=写真=が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。青井忠雄社長(72)は、代表権のある会長に退く。浩氏は忠雄氏の長男で、創業家3代目。社長交代は33年ぶり。

 浩氏は昭和58年慶大卒、61年丸井入社。平成3年取締役、7年常務。営業畑が長く、昨年から副社長として人事や財務を担当。郊外型の「マルイファミリー」など新型店の開発を主導してきた。

 丸井は忠雄氏のもと、ファッション性の高いブランドと分割払いを組み合わせ、若者を引きつける独自の販売モデルを構築。収益性の高い消費者金融事業も展開し、売上高では業界6位ながら、経常利益率は6−7%台と、2−3%台の業界の中で突出している。

 一昨年には正社員の95%を小会社に転籍、物流部門などの外部受注を増やしており、浩氏のもとで今後、長い低迷が続く百貨店業界で、“勝ち組”としての立場をより強固にする。

ZAKZAK 2005/03/03

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_03/t2005030314.html



posted by ヒート at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。