2009年09月15日

自民党「貸し剥がし倒産」の危機

「貸し剥がし倒産」の危機
AERA9月14日(月) 11時58分配信 / 国内 - 政治

──野党転落、議席激減でピンチとなるのが自民党の台所事情。実はずっと「借金浸け」だった。政党交付金と献金の減少で、「倒産予測」も出始めた。──

続きを読む
posted by ヒート at 12:47 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人が持ち歩いた「米国債13兆円」の怪

財務省の「裏ガネ」説も出たが
日本人が持ち歩いた「米国債13兆円」の怪

ロスチャイルドやバチカンとの関連まで囁かれる謎だらけの国際的犯罪を追う


続きを読む
posted by ヒート at 12:28 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

Bilderberg 2009 LIST



Bilderberg 2009 LIST
http://heat666.up.seesaa.net/image/Bilderberger_PM.pdf
-------------------------------------------

続きを読む
posted by ヒート at 03:39 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

読みの甘さは父親譲り? 前財務長官の息子、MLS誘致苦境

読みの甘さは父親譲り? 前財務長官の息子、MLS誘致苦境
2009/4/14

前米財務長官で億万長者のヘンリー・ポールソン氏は昨年、オフィスで世界の資本主義の救済に取り組んでいた。

一方、息子のメリット・ポールソン氏はオレゴン州ポートランドへのメジャー・リーグ・サッカー(MLS)の誘致に取り組んでいた。こちらの方がずっと簡単そうに見えるが、それは先月までの話だ。

メリット・ポールソン氏は1億2900万ドル(約129億5000万円)規模の事業に、父親の財産から5000万ドルを注ぎ込んでいる。ここで問題は、ポールソン氏が市に6500万ドルの起債を要請していることだ。

自身の所有するマイナーリーグの野球チーム「ポートランド・ビーバーズ」の本拠地をMLSの条件に合うサッカー競技場に改築し、さらにビーバーズに新球場を建設するためである。

しかし、リセッション(景気後退)の打撃を受けたポートランドで、資産家の息子が2球場の建設計画を売り込むのは難しい。しかも景気後退の深刻化は、前財務長官が取り組みながらうまくいかなかったのも一因だ。オレゴン州の2月失業率は10.8%と、ミシガン州とサウスカロライナ州に次ぐ全米3位の高さだ(米労働省調べ)。

市議会は3月11日、サッカーチームの誘致でポールソン氏に協力する案を賛成3票、反対2票で決議。その9日後、ポールソン氏はMLSから18チーム目のフランチャイズ契約を3500万ドルで勝ち取った。しかし厄介なことに、サッカー場周辺の再生計画と当該地域の税収を裏付けとした1500万ドルの起債を、市議会は決議案から外していた。

ポールソン氏いわく、9月1日までに1500万ドルの穴を埋めなければ、サッカー場完成は2011年のMLSシリーズ開幕に間に合わない。しかしこれ以上ポールソン家の私財を投じることはできないという。父子はフランチャイズ契約の3500万ドルに加え、2球場に1250万ドルを注ぎ込み、さらに今後25年間のチケット税などを保証、250万ドルを超えた分の建設費も負担する。

ポールソン氏に賛成票を投じたアダムズ市長らは、MLSの誘致で雇用が創出され他市から観光客を呼び込めると考えている。ポールソン氏は市長がなんとかしてくれると期待するが、うまくいかなければ、億万長者の息子はマイナーリーグのオーナーにとどまることになる。(Anthony Effiner)

http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200904140098a.nwc
posted by ヒート at 12:49 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

中国銀行によるエドモンド・ロスチャイルド銀行への出資が暗礁に

●中国銀の仏銀出資、暗礁に 含み損懸念、政府認可降りず
●野村証券、ロスチャイルドとM&Aの業務提携を解消

続きを読む
posted by ヒート at 17:27 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

地球温暖化詐欺




氷が溶けている
(THE ICE IS MELTING)

海面が上昇している
(THE SEA IS RISING)

ハリケーンが発生している
(HURRICANES ARE BLOWING)

全てあなたの責任です
(AND IT'S ALL YOUR FAULT)

恐ろしい?
(SCARED?)

ダメだ
(DON'T BE)

ウソだ
(IT'S NOT TRUE)


続きを読む
posted by ヒート at 18:52 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

BILDERBERG 2008 ATTENDEE LIST

BILDERBERG 2008 ATTENDEE LIST
http://www.americanfreepress.net/html/bilderberg_list_2008.html
-------------------------------------------

続きを読む
posted by ヒート at 11:38 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

2008年02月26日のノルウェー

「地球最後の日」に備えて種子保存の「箱船」、ノルウェーにきょう開設
2008年02月26日 19:43 発信地:ロングイェールビーン/ノルウェー

【2月26日 AFP】「地球最後の日」に備えて世界で最も重要な種子を保管するため北極の永久凍土層に設けられた「箱船」、「Svalbard Global Seed Vault(スバルバル世界種子貯蔵庫)」が26日、運営を開始する。

■450万種を保存可能

この施設は気候変動、戦争その他の天災、人災から生物多様性を守ることを目的に、世界作物多様財団(Global Crop Diversity Trust、GCDT)が中心となって、北極点(North Pole)からわずか1000キロに位置するノルウェー領スバルバル(Svalbard)諸島のスピッツベルゲン(Spitsbergen)島に建設した。3つの巨大な保管室を有する同施設の建設費は600万ユーロ(約9億6000万円)。現在地球上に存在するとされる種類の2倍に当たる450万種の種子を保存できる。

開設式では、欧州委員会(European Commission)のジョゼ・マヌエル・バローゾ(Jose Manuel Barroso)委員長の立ち会いの下、ケニアの環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ(Wangari Maathai)氏とノルウェーのイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)首相がコメ数粒を保管室に収める。

現在、世界には20万種以上のコメや小麦が存在するが、病害虫、気候変動、人間活動などによりこの多様性は急速に減少しているという。

GCDTによると生物多様性は、作物の環境適応性、病気への免疫力、および栄養価を高め、水質や水量に左右されない収穫を可能にするために必要不可欠だ。

■永久凍土が適温維持

厳重な管理下に置かれたスバルバル貯蔵庫には、世界21か所の種子バンクに保管中の種子と同種の種子が保管される。追って、その他1300の種子バンクからも種子が提供される予定。施設内の温度は常にマイナス18度に保たれており、仮に冷凍システムが故障しても、永久凍土層のおかげでマイナス3.5度を上回ることは決してないという。

運営開始日の26日に保管される種子は約26万8000種。所有権は提供した国に残り、自然環境からその植物が失われた際には所有国が種子の返還を求めることができる。

ベルギーの約2倍の面積がありながら、人口わずか2300人のスバルバル諸島。作物が一切生育しないこの土地が、種子の保存に理想的な場所として選ばれたのは皮肉だ。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2356249/2676967



核兵器廃絶へ「日本は声を」 シュルツ元米国務長官
2008年02月28日12時17分

ノルウェー外務省は26、27の両日、オスロで「核兵器のない世界」を目指す国際会議を開き、核軍縮専門家らが各国首脳の指導力発揮や米ロの核兵器大幅削減、核軍縮に関する政府間パネル開催などを提言した。

米国のキッシンジャー元国務長官らと「核兵器のない世界」を主張するシュルツ元米国務長官は「核兵器の危険性が増している現在の流れを変えなければならない」と指摘したうえで「国家のトップのリーダーシップが不可欠」と強調、米ロなど核保有国首脳の決断や努力を促した。唯一の被爆国の日本に対しても「もっと声を上げるべきだ」と要望した。

http://www.asahi.com/international/update/0228/TKY200802280144.html
posted by ヒート at 18:38 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

アブダビ利権

posted by ヒート at 23:58 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

バークシャー、プリツカー家からマーモン買収へ

バークシャー、プリツカー家からマーモン買収へ

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米投資会社バークシャー・ハザウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)である著名投資家ウォーレン・バフェット氏と、米複合企業マーモン・ホールディングスのトム・プリツカー会長は25日、バークシャーがマーモンの過半数株式を、シカゴのプリツカー一族から45億ドル超で取得すると発表した。米国で最も著名な投資家であるバフェット氏と、米国で最も富裕な一族の1つであるプリツカー家の組み合わせとなる。

合意によると、バークシャーはマーモン株60%を45億ドルで取得し、その後残りの40%を、マーモンの業績に応じた金額で5−6年かけて段階的に取得する。マーモンは125を超える企業を傘下に抱えて広範な事業を手掛けており、年間売上高は約70億ドル。

バークシャーにとってこの買収は、保険業以外では過去最大規模。

プリツカー家にとっても、このところの一連の資産売却では最大級となる。同家は資産の支配権をめぐる一族の内紛の解決に向け、保有資産のリストラを進めている。一族の合意では、2011年までに一族の成人メンバー約11人に支配権を分割することになっている。

マーモンの会長で事実上、一族の中核事業のトップであるトム・プリツカー氏はインタビューで「バフェット氏はマーモンのパートナーとして理想的。同氏は不干渉主義で、優秀なマネジャーに事業の運営を任せているとの評判だからだ」と語った。

また「バフェット氏の哲学はわれわれと共通している。一族が今後6年間、マーモンでバフェット氏のパートナーになるため、このことは特に重要だ。これは事業売却ではなく融合だ」とした。

交渉を迅速にまとめたのはバフェット氏の長年の手法。同氏はインタビューで「身売りの意向を聞いてから2週間たっていない」と述べた。プリツカー家がゴールドマン・サックスのある社員をサンフランシスコの空港でバフェット氏に会わせる段取りをつけ、マーモンについてのさまざまな情報をバフェット氏に伝えたのだという。バフェット氏はネブラスカ州オマハの自宅に戻る飛行機の中で、受け取った資料に目を通し、直ちにマーモンの幹部に面会を求めた。同社幹部は2−3日後、オマハに飛んだ。

バフェット氏は「彼らを気に入った。非常に満足している」と話し、「マーモンの多岐にわたる事業が多くの買い手に渡るのは好ましくない」との見方を示した。「われわれはコングロマリット(複合企業)と呼ばれてもよい。これからコングロマリット以上の存在になる」と語った。

またバフェット氏は、マーモンが手掛けている基礎的な事業と、それらの事業分野でのマーモンの地位が、同氏の意向に沿っているとした。同氏は、マーモンのフランク・プタク最高経営責任者(CEO)には留任してもらう予定で、数件の「追加の買収」を望んでいる。

プリツカー家はマーモンを50年以上にわたり保有している。同社はシカゴを本拠とし、配管関連製品や電線などさまざまな工業製品を手掛けている。最大の部門は鉄道タンク車を製造するユニオン・トラック・カーで、同社は100年以上前、石油王ジョン・ロックフェラー氏傘下の企業グループの一員だった。1911年、裁判所が同氏率いるスタンダード・オイルの解体を命じたのに伴い、グループから分かれた。

プリツカー家は、マーモン売却を含め、過去6年間に資産売却で100億ドル以上を調達した。それでもまだ大きな資産を支配しており、ホテルチェーンのグローバル・ハイアットの過半数株、消費者信用情報調査会社のトランスユニオンを保有しているほか、米・ノルウェー系クルーズ大手ロイヤル・カリビアン・クルージズ(NYSE:RCL)の大株主でもある。一族が保有する資産の総額は200億ドルを超えるとみられる。

同家は今年、ハイアットの少数株式を10億ドルで、ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE:GS)と、ロブソン・ウォルトン氏率いる投資会社に売却した。同氏は米小売りチェーン大手ウォルマート・ストアーズ(NYSE:WMT)創業者の長男でウォルマート会長。

マーモンとハイアットの合意は、プリツカー家の解体完了後、一族が残りの資産をどのように運営していくのかについて道筋を示している。資産売却の結果、一族のうち独立性を求めるメンバーは現金を受け取り、トム・プリツカー氏とおそらく数人のメンバーは、注目度の高い外部のパートナーと共に中核事業の経営を続ける。

プリツカー家はここ数年、マーモンの業績改善に注力していた。2002年には、米工業部品・産業システム大手イリノイ・ツール・ワークス(NYSE:ITW)のジョン・ニコルズ元CEOをマーモンのCEOとして招請した。昨年、後任のCEOに就任したプタク氏もイリノイ・ツール出身。

マーモンは非公開企業だが財務資料を一部公表している。2006年の売上高は70億ドル(04年は50億ドル)、営業利益は7億9400万ドル(同3億9200万ドル)だった。

バークシャーとの合意によれば、マーモンの資産価値は75億ドル。だがプリツカー家は、業績を向上させれば、すべての売却が完了する時点で、より高い金額を引き出すことができると期待している。

バフェット氏は、1955年にトム・プリツカー氏の父ジェイ氏に初めて会い、財務や納税についての知識を吸収したという。その後、一族と親交があるが、ビジネスの取引をしたことはない。

一族は、家長だったジェイ氏の死によって内紛が激化した。この状態はしばらく内密にしていたが、一族の合意に加わらなかった2人が数年前に訴訟を起こし、05年に和解が成立した。

マーモン売却での合意条件である、バークシャーからの長期にわたる支払いについて、一族の財産を直接管理したいと考えるメンバーが満足しているかどうかははっきりしない。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djBXZ2523.html
posted by ヒート at 11:42 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

カタール首長子息、ロスチャイルド家のパリ豪邸を130億円で購入

カタール首長子息、ロスチャイルド家のパリ豪邸を130億円で購入
[ 2007年09月19日 15時04分 ]

[パリ 18日 ロイター] カタール首長の子息が、英・仏の金融業を中心に活動しているロスチャイルド家から、パリの大邸宅「Hotel Lambert」を約8000万ユーロ(約130億円)で購入した。同邸宅の売却を担当した不動産会社が18日発表した。

同不動産会社の担当者は、同邸宅が売却されたことは認めたものの、購入者の詳細は公表しなかった。

同邸宅は、セーヌ川の中州のサン・ルイ島にあり、ノートルダム寺院へは橋1本を渡って行ける。元のオーナーは、今年98歳で死去したギー・ド・ロスチャイルド氏だった。

メディアの報道によると、ギー・ド・ロスチャイルド氏と2番目の妻マリー・エレーヌさんは、1970年代から80年代にかけて、この邸宅で豪華な舞踏会を何度か開いたという。

同邸宅は1639年、当時の国王の顧問を務めていたJean-Baptiste Lambert氏のために建設された。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081190181913.html
posted by ヒート at 17:36 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

1997年以来の世界の金融機関M&Aのトップ16案件

英バークレイズによるABNアムロ買収は過去最大の銀行買収(表)

4月23日(ブルームバーグ):英銀3位のバークレイズは、オランダの銀行最大手ABNアムロ・ホールディングを670億ユーロ(約11兆円)で買収することで、合意した。銀行の買収として、過去最大規模となる。

ブルームバーグ・データによると、1997年以来の世界の金融機関M&A(企業の合併・買収)のトップ16案件は以下の通り。

金額 日付 買収対象 買い手
(億ドル)

910 04/23/07 ABN Amro Barclays
699 04/06/98 Citicorp Travelers*
575 04/13/98 Bank of America Nationsbank*
551 01/14/04 Bank One JPMorgan Chase
481 10/27/03 FleetBoston Bank of America
448 10/18/99 Sakura Bank Ltd. Sumitomo Bank
378 11/29/99 NatWest Bank Royal Bank of Scotland
354 06/30/05 MBNA Corp. Bank of America
346 08/26/06 SanPaolo IMI Banca Intesa
341 11/20/06 Equity Office Blackstone Group
335 09/13/00 J.P. Morgan Chase Manhattan*
307 06/08/98 Wells Fargo Norwest Corp.*
303 09/06/00 Associates First Citigroup
298 02/18/05 UFJ Holdings Mitsubishi Tokyo
296 04/13/98 First Chicago Bank One Corp.
246 05/07/06 Golden West Wachovia Corp.

注: *は買収後の新会社名が買収対象企業の名前となる逆買収。

更新日時 : 2007/04/24 08:21 JST

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aJ6Hd.pCCyqE

続きを読む
posted by ヒート at 12:35 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

バロンズ「尊敬される経営者」

バフェット氏ら:バロンズの「尊敬される経営者」に−任天堂の岩田氏も
2007年3月26日(月)05時49分

3月24日(ブルームバーグ):米紙バロンズ最新号によると、バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット氏、リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのリチャード・フルド氏、アップルのスティーブ・ジョブズ氏など14人が、3年連続で同紙の「世界で最も尊敬される最高経営責任者(CEO)30人」に選ばれた。

同紙によると、バフェット氏はバークシャーの2006年営業利益を93億ドルに押し上げた。フルド氏はリーマンを債券に特化した証券会社からトップクラスの投資銀行に変えた。また、ジョブズ氏の改革への取り組みはアップルにとってなくてはならないもので、同氏を失えばアップル株は20%下落しかねないとバロンズは評価している。

開始3年目のリストに今年加わった新顔は、「Wii」で家庭用ゲーム機市場での躍進を果たした任天堂の岩田聡社長、ソーシャルネットワークサービス(SNS)のマイスペースなどに事業を拡大したニューズ・コープのルパート・マードック氏、鉄鋼の英コーラス・グループを買収したタタ・サンズのラタン・タタ氏。

石油の英BPのジョン・ブラウン氏、自動車の仏ルノーのカルロス・ゴーン氏、米資産運用会社レッグ・メーソンのチップ・メーソン氏はリストから外れた。

リストはバロンズの3月26日号に掲載される。バロンズは企業利益と株価、指導力や業界での地位を基準にトップ30人を選んだ。選考の対象となるためには少なくとも3年間CEOを務めている必要がある。30人中11人は米国外企業の経営者だった。英国から2人、日本などから1人ずつが選ばれた。

(バロンズ、3月26日)

http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=26bloomberg34ap5kCHXaEFt8



Warren Buffett    Berkshire Hathaway
Kenneth Chenault   American Express
George David     United Technologies
Charlie Ergen     Echostar
Larry Fink      Blackrock
Lew Frankfort     Coach
Satory Iwata     Nintendo
Richard Fuld     Lehman Brothers
Steven Jobs      Apple
Fred Goodwind     Royal Bank of Scotland
Henning Kagermann   SAP
Jeffrey Immelt    General Electric
Richard Kovacevich  Wells Fargo
A.G. Lafley      Procter & Gamble
Terry Leahy      Tesco
John Mackey      Whole Foods
Lakshmi Mittal    Arcelor Mittal
Allan Moss       Macquarie
Angelo Mozilo     Countrywide Financial
Rupert Murdoch    News Corp.
Michael O'Leary    Ryanair Holdings
Franck Riboud     Groupe Danone
Peter Rose       Expeditors International
Steven Roth      Vornando Realty
James Schiro      Zurich Financial
Bob Simpson      XTO Energy
James Sinegal     Costco Wholesale
Fred Smith       FedEx
Ratan Tata       Tata Sons
Jong-Yong Yun     Samsung Electronics

http://www.cnbc.com/id/17784322
posted by ヒート at 14:12 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

西麻布発砲殺人

posted by ヒート at 21:56 | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

2006年09月22日

2006年05月23日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。